ビジネスの最前線

コンプライアンスの重要性とは

昨今、ビジネスを行うすべての企業にとって、コンプライアンスが非常に重要視されています。
コンプライアンスとは直訳すると、法令順守という意味です。
特に大企業の場合は、知名度や露出度の高さから存在自体社会性が高いので、単に法令順守をすれば良いというだけではなく、広く倫理観や道徳的な行動も含めてコンプライアンスとして求められています。
所得隠しや申告漏れ、食品業界の産地偽装、製造業におけるリコール隠しなどがコンプライアンス違反の代表的な例です。
組織的な悪質なものから、単なる注意不足によるものまで幅広くあります。
悪質性が高い場合も、そうでない場合も一度、コンプライアンス違反が発覚してしまうと、忽ち、新聞やマスコミに大々的に取り上げられ、長い間築いてきた信頼は一気に揺らぎ、その後の経営に支障をきたす場合もあります。
この様な事態を起こさない為にも日頃からのコンプライアンス対策が重要です。
経営層が意識を高く持ち、かじ取りを行う事がもちろん大切ですが、専門的な部署を創設したり、定期的なユニット毎の会議を行い、社内全体におけるコンプライアンス意識の醸成を作る事が大切です。
特に近年、SNSサービスで不適切な投稿を行うパートやアルバイトも多くいるので、社員だけではなく、パートやアルバイトも含めた末端まで会社一丸となって取り組む事が重要です。
コンプライアンスの重要性とその影響を知り、コンプライアンス違反をしない健全なビジネス活動を行いましょう。